おなかダイエットをしようと思って毎日一生懸命腹筋運動

おなかダイエットをしようと思って毎日一生懸命腹筋運動をしている人も多いのではないでしょうか。大抵の人は、腹筋運動という言葉からは、天井を見た姿勢で寝て、頭の後ろに手を添えてお腹の力で上半身を起こします。腹筋がうまく使えないと首が痛くなったりしますので、運動方法には注意しなければなりません。おなかのダイエットをしたいのであれば、ただ盲目的に腹筋をすればいいというものではありません。おなかの筋肉は、腹筋をしたからといって、あますことなく使えるというわけではありませんので、おなかダイエットを意識した、別なエクササイズをじっ背すると効果が期待できます。まずは、おなかの筋肉をスムーズに使える体制になってから、エクササイズをしましょう。骨盤のポジションを調節してから腹筋をすることが、おなかダイエットでは大事です。骨盤を正しい位置に戻すには仰向けになり、おへそを床に押しつけるよう意識した状態で腕を上にのばして、お腹全体をストレッチする運動をしましょう。腹筋をする前には十分にストレッチをして、次いで、ゴムボールを使って腹筋をします。ゴムボールをしっかりと腰と床の間に入れます。腕は大きく開き、胸を広げた状態で、おなかで体のバランスを取りながら両手を後頭部に据え、静かに後頭部を倒していくことで、おなかの筋肉を鍛えます。ゆっくりと体を倒していき、床に一旦触れてから、体をちょっとだけ起こしてしばらく維持します。おなかのダイエットでは、首に負荷をかけずに行える、腹筋運動をすることで、効果を高められます。普段から、続けて腹筋をしているにのもかかわらず、おなかが引き締まらないという事は、ダイエット効果の高い腹筋を摸索していきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ